読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ乗り継ぎ観光のためのビザ取得方法

私は現在、ゴールデンウイークに行くヨーロッパ旅行の計画中です。今回の日本からのフライトは、モスクワ経由マドリッド行きなのですが、帰りはモスクワでの乗り継ぎ時間が14時間弱あるため、これは観光せねば…!とのことで、ロシアでの乗り継ぎ観光について調べました。

 
まず乗り継ぎ観光するときに注意しなければならないのは、「ビザが必要かどうか」です。(注意することなんて時間とビザくらいなもんですが…笑)
 
私はこれまでドバイ、マレーシア、コペンハーゲン、アメリカで乗り継ぎ観光したことがありますが、いずれもビザは不要でした(アメリカはESTA申請が必要だったような気がしますが、有効期限内のものを持っていたんだっけな?)。
 
ロシアでの乗り継ぎの場合、空港から出ないならビザ不要ですが、外に出たい場合はビザが必要です。
ビザの申請は代理店などにお願いすることもできるんだと思いますが、その場合はおそらく手数料がかかります。自分でやれば(そして急いで取得する必要がないなら)無料です。ただし平日の9:30-12:30に2回ほどロシア領事部(東京、札幌、大阪、新潟のいずれか)に出向く必要があります。
 
私は幸い、平日の午前中に2回神谷町のロシア大使館に行くことができそうだったので、先日自分でビザを取得しました。ということで手順を軽く振り返ります。
(ここに書いた情報は2016年3月時点での情報です。申請方法が変わる可能性もあるので、詳しくはロシア領事部のWebページを参照してください。)
 
【参考】
 

ロシア乗り継ぎ観光時に必要なビザの種類

ビザには観光ビザや労働ビザなど、種類があります。
今回の乗り継ぎ観光で必要になったのは「トランジットビザ(通過ビザ)」です。ちなみに私は観光ビザかなと思い込んでいて書類を作ってしまったのですが、ビザの受け付けでお兄さんに「この場合はトランジットビザだね」と言われ、まさかもう一度出直さなきゃダメか…?!と冷や汗をかきました。なお、お兄さんはその場で直してくれました。よかった。
 

ビザ申請にかかる費用

ビザを受け取るまでの期間の長さのよって料金が変動します。
今回は申請から発行まで実働10日以上待ったため、無料でした。それより早くに受け取ろうとするとお金がかかります。詳しくは領事部のWebサイトを参考に。
 

ビザ申請に必要なもの

以下のものが必要となります。
 
1. パスポート
2. 記入後に印刷したオンライン査証フォーム
3. 証明写真(パスポートサイズ)
4. 通過旅行用の渡航書類(航空券コピー、航空会社が発行する予約済み確認書類など)
 
私は4を準備するのを忘れていたためその場に紙の状態では持っていなかったのですが、航空券購入時のconfirmationメールが手元にあったので、お兄さんに言われたメールアドレスに転送しました(通過ビザへの変更といい、至らない私への対応が神)。
 
なお、乗り継ぎの後に行く国でビザが必要な場合は、それも準備されている必要があるようです。
 

具体的にすること

1. オンライン査証フォームの記入
 
トップページのHints and help languageで Japaneseを選ぶと日本でヒントが出るようになるので、特に難しいことはないはず。
記入後には印刷が必要になります。
 
2. 上記「申請に必要なもの」を持ってロシア領事部へ行く
通常は全部で2回、領事部に出向く必要があります。1回目は申請、2回目は受け取りです。申請から受け取りまでの間はパスポートは領事部に預けることになるので、その間にパスポートを使って何かしなければならない場合は注意してください。
なお領事部のビザ受け付けは平日の9:30-12:30しかやっていません。
 
以上です。実際に乗り継ぎ観光がどんな感じだったかは、帰国後にご報告できればと思います^^